自分に適したゴルフクラブ(ヘッド、シャフト、グリップで構成されており、それぞれ様々な素材で作られています)を、あなたは使用していますか?「弘法筆を選ばず」を言ったことわざがあるように、ゴルフの実力さえあればどの程度のゴルフクラブ(自分との相性が大切なので、試しうちしてみた方がいいといわれています)でもベストなスコア(何かの試験やゲーム、スポーツの試合などの得点のことをいいます)が出せるなんて思っていたら、それは大きな間違いです。ゴルフクラブ(ヘッド、シャフト、グリップで構成されており、それぞれ様々な素材で作られています)は一見しただけでは、どれもあまり変わらないように思われると言われているようです。でも、実はボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)が上がるようなクラブヘッドとシャフト、飛距離が出るようなクラブヘッドとシャフト等、色々な特性を持つゴルフクラブ(ヘッド、シャフト、グリップで構成されており、それぞれ様々な素材で作られています)が揃っているのです。その為、スイングは現在のままでも、自分にピッタリと合ったゴルフクラブ(当然ですが、同じゴルフクラブを使っても、体格や技術力などによって畭なる結果が出るものです)を選ぶことにより、もしかしたらかなりのスコア(全てのパートが記されている楽譜、総譜のことをバンドスコアなどと呼びますね)UPが期待できるかもしれませんね。そうは言っても、自分に適したゴルフクラブ(自分との相性が大切なので、試しうちしてみた方がいいといわれています)なんてどんな風に選んだらいいの?と思われると思っております。そういう時には、まず沢山あるゴルフクラブ(自分との相性が大切なので、試しうちしてみた方がいいといわれています)の特徴を理解することからスタートしてください。クラブの特徴が大体理解出来てたら、次は自分の体型や体力、そして、スイングに合わせたクラブがどれなのかを基準として選ぶと選び易いようですよ。もちろん、販売員にスイングを測定していただいてセレクトして貰ったり、口コミ(ネットの普及により、以前よりも集めやすく、広がりやすくなりました)や売れ筋のランキングを参考にしたりするのも、1つの手といわれています。もし、スコア(上達してくると、伸び悩んでしまってなかなか壁を破れなくなるものです)が伸びることはないとお悩みだったら、とりあえず今使っているゴルフクラブ(当然ですが、同じゴルフクラブを使っても、体格や技術力などによって畭なる結果が出るものです)があなたにピッタリと合っているのかチェックしてみるといいでしょうねー